サーフェスデザインに関する情報などを随時配信 C-lab.からお知らせ
DESIGN

【2024年ミラノサローネ速報】デザイントレンド視察レポート

第62回Salone del Mobile.Milano|ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)が4月にイタリアのミラノにて開催されました。
会期中の来場者数は370,824人を記録し、コロナパンデミック以降最大の来場者数を記録しました。
また、来場者の過半数は海外からの訪問者とのことで、世界中からインテリアの新作トレンドを求めて訪れたことがわかります。
世界最大規模となるインテリアの祭典にて数々の新作が発表される中、筆者が注目した展示と現地の様子を速報としてお伝えします。

日本市場にすぐ落とし込める「マテリアルミックス」

昨年度に引き続き、違う素材同士を組み合わせ、空間に彩りを添える「マテリアルミックス」の流れが多く見受けられました。素材同士が主張し合うことなく、落ち着きや整った印象を感じられる組み合わせが心地よく、日本でもすぐに取り入れられる要素が散見されましたので、筆者イチオシの組み合わせを3つご紹介します。

Flexform
Flexform

まずはFlexformです。
インテリアを引き立てる展示空間の壁面や床に使われていたライムストーンとオークの組み合わせです。
同じくイタリアのボローニャにて昨年度9月に開催されましたセラミックの見本市cersaieにて我々が注目していた素材でもあり、ポスト・モルタルとしても今後人気が出るに違いない石種です。新作家具の魅力を引き出すアクセントとして大きな役目を果たしています。
ライムストーンとオークの組み合わせは日本で人気の高いジャパンディスタイルや、ニュートラルで落ち着きのある空間を演出する一躍を担う存在となります。

続いてガラスの天板に、ホワイトマーブルの脚を組み合わせたB&Bの新作テーブルです。
どちらの素材も清潔感をもたらし、きちんと整った印象を空間に与えてくれます。さらに、シンプルな素材同士だからこそ、脚のフォルムに対する繊細なこだわりが際立ちます。

B&B
Boffi

最後にBoffiです。
マットブラックのシックなマーブルに、木理の表情がキャッチーなアッシュ材と組み合わせたキッチンです。
一見激しくなりがちな組み合わせですが、木目と石目の面積比でバランスをとっています。
キャラクターの強い木目の面積を少なくし、落ち着きある石の面積を大きくすることでモダンで華やかなキッチン空間を演出できます。

日本人デザイナーの活躍が注目の「フォーリサローネ」

ミラノ市内で開催されている「Fuorisalone/フォーリサローネ」も、フィエラ会場に劣らない熱気で盛り上がりました。特に日本人デザイナーの活躍が顕著で、筆者が紹介したいのは日本を拠点に活動するコンテンポラリーデザインスタジオのwe+です。

Straordinaria

まずはグラデーションが美しいインスタレーション。
we+とイタリアのキッチンブランドElica、現代美術の財団Fondazione Ermanno CasoliとのコラボレーションによるインスタレーションStraordinariaです。
キッチンには「水の冷たさ」「火の熱さ」「人が食を通じて育む温もり」など様々な温度が介在しています。そんな空気の移り変わりや混ざり合いを美しく表現したのがこちらの作品です。
展示場所は、今から260年以上前に建設され、美しいバロック様式が特徴のPalazzo Litta(リッタ宮)の中庭です。
中庭に入り込むそよ風で作品が揺れる姿は、まさしく空気の移り変わりを現し、来場者に春の訪れを感じさせました。
華麗で色彩豊かな表現が高く評価され、Fuorisalone Award 2024のMedia Partners Special Mentionに選ばれました。

続いて分析・計測機器などを手掛ける京都の老舗メーカー島津製作所とwe+の共創企画WONDER POWDER。
粉末化した素材の動きを島津株式会社の分析機器を用いて科学的に分析する「論理的なアプローチ」と、直感・主観を大切にする「感性的なアプローチ」を実施しています。
写真のように粉末を水と混ぜることで魅せる「美しさ」を、およそ2年かけて探求した研究成果のインスタレーション作品です。
一部作品は自分で作品を動かし、現象を生み出すことができるようになっているため、自分の手と目で現象を確認し、自分なりの「美しい」を見出すことができます。

WONDER POWDER
we+共同主宰である安藤北斗氏

今後も目が離せないミラノサローネ

フィエラ会場の様子
市街地の様子

以上が2024年のミラノサローネから筆者がピックアップする注目トレンドでした。
今回ご紹介した以外にも見逃せないトレンドの兆しがたくさん見られたミラノサローネ。
ご紹介できたのはほんの一部ですので、より詳しく深掘りした内容を知りたい方は、毎年恒例となります「フォレストフェア2024」に是非ご来場ください。

ミラノサローネセミナーは、完全復活を印象付けるようにコロナパンデミック以降最多の入場者数を記録し、例年以上の活況が見られた現地の空気感をお伝えします。
また、毎年6月にデンマークのコペンハーゲンで開催されている「 3days of design」の速報も、有料セミナーの限定コンテンツとしてご紹介いたします。
セミナー会場に併設するショールームでは、101エコシート、レプリアの新柄発表や、各種開発商品の展示をご見学いただけます。ご多用のことと存じますが、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

What’s C-lab.?

TOPPAN C-lab.(Toppan Creative Laboratory)

TOPPAN C-lab.(Toppan Creative Laboratory)は、生活空間のサーフェスデザインをベースに調査・分析を行い、製品開発から空間全体のソリューション提案を行うデザインファームです。

C-lab. Top Contact
お問い合わせ

デザインに関するお問い合わせはこちらから

C-lab.は、サーフェスデザインをベースに調査・分析を行い、製品開発から空間全体のソリューション提案を行うデザインファームです。
大きな強みは、永年培ってきた調査・分析力と、CMF+Pをベースとしたものづくりへのゆるぎないこだわり、そして独自の調査データに基づくトータルな提案力です。
デザインに関する課題に対して、まずはご相談ください。

Contact